休学(認定)留学

01b49b626bf2c43e323d10bc3763a0ad5ea11d5350.jpg

日本の大学在籍中に1年間休学をして、マレーシアの大学で英語集中コースを4-6ヶ月、その後学部コースを1セメスター(6ヶ月間)勉強するサンプルプランをご紹介します。

休学(認定)留学の例

留学先の大学 クアラルンプール郊外の大手私立大学
日程 2017年8月○○日~2017年12月○○日(4ヶ月間):英語集中コースにて英語研修
2017年1月○○日~2018年6月○○日:国際経営学部(例)を1セメスター受講(6ヶ月間)
日程はあくまでサンプルであり、大学や学部によって異なります。また生徒様の留学計画に応じて可能な限り調整いたします。
上記学部は一例であり、他の学部を選択することも可能です。
英語集中コースの受講期間は、生徒様の当初の英語レベルとその後の上達により変動する場合があります。
出願要件
  • 高校の最終成績が目安として平均で5段階中3.0以上であること。(最終的には必要書類を大学へ提出し、オファーレター(合格通知)を受けることが必要。)
  • 学生ビザを申請し取得する必要がある。(準備から申請まで3-4ヶ月が必要)
  • 入学基準以上のTOEFLやIELTSのスコアを保有している場合は、英語コース受講は不要となる。(TOEFLibt 79-80, IELTS 6.0以上)
  • 英語コースでは大学が定めた所定の英語レベルをクリアすることが学部移行への条件になる。
費用 概算で120万円程度
1リンギ29円で計算(出願料、ビザ申請料、授業料、宿泊料(シェアルーム)、サポート料等を含む)この他に、通常月に2-3万円ほどの生活費がかかります。
単位認定 在籍する大学が、留学先大学での取得単位を認定し在籍校への移行を許可する場合がありますので、事前に確認することが必要です。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer