大学正規留学の手順、流れ(学部コース)

P1010425 (1).jpg

さて、マレーシアの大学正規留学に興味をお持ちの皆様、下記の手順で留学準備、留学手続きをしましょう。なお、<>内の時期、期限はあくまで目安ですので、多少前後しても構いません。

1、入学時期の想定と事前調査<入学日の2年~半年前まで>

マレーシア大学留学(正規留学)という進学の選択肢を考えるようになったら、まずおよその入学時期を想定しましょう。入学時期は、大学、学部により年に2-4回程度の入学日(インテイク)が設定されていますので、原則これに合わせる形になります。ただし、英語力が入学基準に達していない生徒(実際は大半の日本人生徒)は、学部入学前に学内の「英語集中コース」を一定期間受講することになります。なお、英語集中コースの入学日は毎月設定されている大学もいくつかあります。
ちなみに日本の高校卒業後、直接マレーシアの大学へ入学する場合、通常は最短でも卒業年の7月くらいからの入学になります。ただし、最終成績証明書、卒業見込み証明書が早めに取得できる場合、卒業年の4月から入学できる場合もあります。

また、同時に事前調査を開始してください。
当ホームページの以下のページが役に立つでしょう。

》マレーシア大学・短大留学
》大学一覧(特徴)
》大学一覧(総合)
》大学生インタビュー
》学部検索(提携校、授業料中心)
》学部検索(合格基準中心)
》大学留学関連プログ

英語のリーディンが得意な方は各大学のHP(英語)や、Education Malaysia(英語)のHPが参考になります。
また、ご不明な点は、お問い合わせ、資料請求、個別相談などで解決しておきましょう。

2、大学入学サポートパックのお申込み<入学日の1年前~4ヶ月前まで>

マレーシア大学入学が進学の選択肢としてある程度決定された場合は、大学入学サポートパック(返金条項付き)をお申込みください。これより本格的な大学選択のコンサルティングが開始します。サポートバックの内容は、大学入学サポートパック(返金条項付き)をご参照ください。

3、大学視察<入学日の1年前~4ヶ月前まで>

もし、「実際に現地で大学の視察をしたい」というご希望があれば、当社で大学視察(キャンパスツアー)をアレンジいたします。大学の施設を見学できるだけでなく、大学の入学担当者や在籍中の日本人学生との面談なども可能な限りアレンジいたします。詳しくは、大学視察ツアーをご参照ください。
なお、大学視察は、大学入学サポートパックお申し込み前にお試し的な視察を行うことも可能ですし、お申込み後、十分な希望大学の絞り込みを行った後ですと更に効果があります。

4、大学、学部、入学期の決定 <入学日の1年前~4ヶ月前まで>

当社とのコンサルティングや学校視察により入学志望の大学、学部、入学期を決定します。
なお、日本の大学受験の場合は、入試の結果で合否が決定するため、複数の大学へ出願するのが一般的ですが、マレーシアの大学は、原則高校の成績表だけで合否が決定しますので(事前合否判定)、実際に出願する大学は通常1校のみです。

5、出願と学生ビザの申請準備<入学日の4ヶ月前まで>

出願する大学、学部、入学期が決定したら、大学への出願および学生ビザ申請の手続きに入ります。
通常、出願、学生ビザ申請に必要なアイテムは下記のとおりです。(出願する大学により多少異なる場合があります。)
・出願フォーム
・高校の成績証明書(和文、英文)
・高校の卒業証明書(和文、英文)
・TOEFL、IELTS等の英語スコア(これらスコアがない場合あるいは要求レベルより低い場合、原則「英語集中コース」からの受講となります。「9、英語レベルチェック」参照。)
・パスポートコピー
・顔写真
・健康診断書

なお、卒業証明書は高校3年生の場合、卒業見込証明書で代用できる場合があります。
また、現役の日本の大学生やその卒業生が、学士課程(ディグリーコース)に出願する場合でも、原則必要書類は上記のリスト同様になります。
特に健康診断書を完了するのに時間がかかりますので、余裕を持って出願の準備をすることが重要です。

6、出願と学生ビザの申請完了<入学日の3ヶ月前まで>

最低入学日の3ヶ月前までには学生ビザ申請を開始するする必要があります。この時点で未提出のアイテムがあると、入学日までに渡航できないリスクが高くなります。

7、シングルエントリービザの取得<オリエンテーション日の約1週間前まで>

学生ビザの発行が許可されると、日本のご自宅へ「ビザ承認レター」が郵送されます。これと他の必要書類を揃えて在日マレーシア大使館で「シングルエントリービザ」を取得します。

8、ご出発<オリテンテーション日まで>

シングルエントリービザが取得できたら、いよいよマレーシアへ渡航することができます。実際は入学日の前に「オリエンテーション日」がありますので、その前に入国するのがベターです。

9、英語レベルチェック

現地到着後、大学で英語レベルチェックを行います。(事前に大学が要求するIELTSやTOEFLの英語スコアを提出できた方は英語チェックを受けず、そのまま学部コースへ入学します。)英語チェックで要求レベル以上のスコアと取れた方は、直接学部コースへ入学可能ですが、満たない場合、英語集中コースの該当するレベルのコースからの受講となります。

10、ご入学

英語スコアの提出または英語レベルチェックの結果により、それぞれ「学部コース」あるいは「英語集中コース」へ入学する形になります。英語集中コースへ配属された方は、そこで学部コースに編入できる水準をクリアできるまで英語を集中的に勉強することになります。

入学日程の例(現役高校生のモデルケース)

モデルケース

  • 上記は一般的な日程、進路であり、すべてがこのケースに当てはまるわけではありません。
  • 高校が最終の成績証明書、卒業見込証明書を卒業年前年の12月中またはそれ以前に発行できる場合、卒業年の4月からマレーシア大学に入学できる場合もあります。
  • 英語の入学基準(IELTSまたはTOEFL)を満たしている場合、あるいは学内の英語テストで合格した場合、英語集中コースの受講は免除されます。英語集中コースの受講期間は個人差により上記以上となる場合もあります。
  • 日本の大学生が出願する場合、高校の成績証明書と卒業証明書が入手済みであれば、すぐに合否判定および出願手続きが開始できます。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer