マレーシアってどんな国?

概要

マレーシア地図マレーシアは、東南アジアの中心に位置し、マレー半島とボルネオ島の一部から成り立っています。国土面積は約33万㎢、人口は約3,000万人で、日本の面積の9割弱の広さの土地に日本の16%の人口が住んでいます。そして国土の約60%が熱帯雨林で覆われています。民族的には、マレー系(約6割)・中国系(約3割)・インド系(約1割)、そして多数の先住民部族で構成される多民族国家で、マレーシア特有の「多様性」を生み出しています。その多様性ゆえの様々なグルメを楽しめるのもマレーシアの魅力です。また、のんびりとくつろぐことの出来る砂浜、南国の熱帯雨林、魅力的な島々、神秘的で荘厳な山々など自然美に溢れる国です。気候は熱帯雨林気候に属し、一年を通じて常夏の気候です。年間の日中平均気温は27~33℃、年較差は1~2℃で年間を通じて変化があまりありません。熱帯と言うと非常に蒸し暑いイメージがありますが、実際は割とカラッとしており日本の夏のような不快感は感じません。特に朝晩は比較的涼しく、過ごしやすい気候と言えます。

飲茶ナシケレブバナナリーフカレー
ミーゴレン
ロティチャナイ
パンミー

マレー語が公用語、英語が共通語

マレーシアの公用語はマレー語ですが、多民族国家のため中国系住民社会では中国語、インド系住民社会ではタミール語が使用されています。また、旧英国領のため英語が各民族間の共通語として一般的に使われています。街で外国人が現地人に英語で話しかけても、ほとんどの場合流暢な英語で返事が返ってきます。日本人には「マレーシアで英語留学」という発想が湧きにくいですが、一定期間現地に滞在すると、実生活で英語が使える国であることが良くわかります。

穏健なイスラム国家

マレーシアの国教はイスラム教ですが、多民族国家ゆえ信仰の自由を認めているため、仏教、ヒンドゥー教、キリスト教、道教、シーク教を信仰する国民も多くいます。またイスラム教といってもほぼ100%が穏健なイスラム教徒で、過激派によるテロは起こりにくいイスラム国家と言えます。外国人に宗教的行事や慣習の強要は一切ありません。逆に観光業に必要なイスラム独特の習慣「ハラル(ハラール)」を学ぶのに適した国として注目され始めています。

世界有数の親日国

マレーシアは、マハティール元首相が「日本に手本にした国造りをする」という「ルックイースト政策(東方政策)」を長期間推進していたこともあり、世界有数の親日国家と言えます。また、日本製品や日本食に対する信仰も高く、日本に対するイメージは絶対的なものがあります。ショッピングモールを訪れると、イオン、伊勢丹、ユニクロ、ダイソー、無印良品、吉野家、はなまるうどん、一風堂などのショップやレストランによく出会います。特にイオンはすでに30年超前にマレーシアに進出し、現在では国内で50以上の店舗を構える主力スーパーとしてローカル化しています。

ユニクロユニクロダイソーダイソーイオンイオン

ロングステイ希望国No1

ロングステイ財団の統計によると、マレーシアは10年連続でロングステイ(長期滞在)希望国トップの地位を守り続けています。主な理由としては、気候が温暖、英語が通じやすい、親日的、治安が良い、日本食が豊富、物価が安い、医療水準が高い、ビザ制度が充実、などの理由によります。日本人が快適かつ安全に海外生活するための条件をすべて備えていると言えます。これは留学生活にも当てはまることであり、留学に適した環境であることの証明でもあります。

ロングステイ希望国ロングステイ希望国

これからは「留学」という観点から、もっとマレーシアに注目してゆきましょう!

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer