YTL

ytl.gif
一口コメント: 
5ツ星ホテル運営会社YTLの幹部養成学校的な存在
概要: 
YTLホテル国際経営大学は、マレーシアの高級ホテル運営会社YTLによって運営されるホテル経営、料理芸術の専門大学です。キャンパスはブキビンタン(マレーシアの銀座と呼ばれる)のマレーシアでもっと高級なショッピングモールと言われるスターヒルギャラリーの中にあります。キャンパスのすぐ隣には、YTLの運営するマリオットホテル、また近隣には同様にリッツカールトンホテルがあり、これらが学生の実習の場となり、5ツ星のホスピタリティを叩きこまれます。YLT内ではホテル経営学部と料理芸術学部のディプロマ(短大相当、2.5年)までしかありませんが、ホテル経営学部はその後豪州のInternational College of Hotel Management, Australiaでさらに1年学ぶことによりバチェラーディグリー(4年制相当、計3.5年)が取得できます。就職はYTLグループ内にすることが多いため、同大学はYTLグループの幹部候補養成学校的な要素が強いです。なおYTLはニセコでもリゾート開発を行っており日本での就職の機会も広がります。
ポイント!
  • 5ツ星ホテル(リッツカールトン、マリオット)の運営会社「YTL」の経営
  • キャンパスはブキビンタンの最高級モール「スターヒルギャラリー」の中
  • 大学の規模は小さく「幹部候補養成学校」的な雰囲気がある
  • 国内ではディプロマのみだが、豪大学とディグリーのツイニングあり
  • ニセコでもリゾートホテルを所有しており、日本での就職の機会もある
学校名: 
YTL Internatinal College of Hotel Management
学校名(日本語): 
YTLホテル経営国際大学
経営形態: 
私立大学
設立年度: 
2005年
キャンパス: 
ブキビンタン
学部構成: 
English Intensive Course(英語集中コース)
学部構成: 
Diploma(短大)
主要学部: 
ホスピタリティ、ツアリズム
主要学部: 
料理芸術
編入制度: 
ツイニングプログラム(Twinning Program)
主な提携校: 
国際ホテル経営カレッジ(豪)- ホテル経営のツイニング提携校
履修年数: 
ディプロマ:2.5年
履修年数: 
ディグリー:2.5年(マレーシア)+1年(豪提携大学)
入学時期: 
1月、4月、7月
学費目安: 
ホテル経営:年間50万円
コース(学部)詳細
現時点では、「ビジネス・経営」、「ホスピタリティ・観光」、「IT・コンピューター」、「マスコミ・教養」系のバチェラーディグリー(学士号)コースが登録済みです。
合格基準(目安)
下記基準は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。また、学部ごとに異なる場合があります。
学校の成績: 
3/5以上の科目が3科目以上
英語スコア: 
IELTS:5.5
語学コース詳細
英語コース概要: 

学内の英語チェックで英語補修が必要と判断された場合、学部授業に平行して英語集中クラスを受講する必要があります。1セメスターは週2回各3時間で、4ヶ月間です。

コース名: 
Intensive English Class
レベル数: 
1
1レベルの期間: 
4ヶ月
Video: 

ロケーション
Google Map: 


より大きな地図で KL大学&短大MAP を表示

注釈(大学)

  • 上記情報に関しては、関連HP上のデータおよび関係者のヒアリング等により入手したものを掲載していますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社はその責任を負うものではありません。
  • 「学費目安」は、公表された数値のみを利用し算出した概算です。(1リンギ30円で換算)目安としてのみご利用ください。入学金等の初期費用は含まれません。
  • 「合格基準」は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。最終的には大学の担当部署による審査で合否判定されます。なお、「英語スコア」に達しない場合、あるいはスコアを保有していない場合でも、ほとんどの大学で、学部入学の前に付属の英語コースを受講することを条件に入学許可を出す場合が一般的です。
  • ツイニング(プログラム)とは、マレーシアの私立大学が、海外のある大学と提携関係にあり、原則、前半をマレーシア、後半を海外ホスト校で勉強することにより、海外ホスト校の学位が取得できるというシステムです。「マレーシアでの履修年数+ホスト校での履修年数」という表現を使い、「2+1」「1+2」「3+0」などと呼ばれます。
  • デュアルディグリーとは、マレーシアの私立大学とある海外大学との提携関係により、マレーシアの大学の学位取得(卒業)時、提携校の学位も同時に取得できるシステムです。
  • ADPとはAmerican Degree Transfer Program(米国大学編入プログラム)のことで、マレーシアでの取得単位を米国大学へ移行できる制度です。通常「2+2」の形式となっており、マレーシア2年、米国2年の学習で米国の大学の学位が取得できます。
  • 「ランキング・レーティング」に関しては、下記機関によるものを掲載してあります。(ランクキングに登場しない場合、非掲載)
    SETARAレーテイング(マレーシア国内)
    マレーシア公的機関であるMQA (Malaysian Qualification Agency) が2年毎に実施するマレーシア国内の大学の調査評価で、各大学を"TIER 6: OUTSTANDING"から"TIER 1: WEEK"の6レベルに格付けしたも。ちなみにTIER6の受賞大学は調査開始以来まだ出ていいない。下記の6項目で評価していると言われる。
    academic staff (25%), students' selectivity (10%), research (15%), academic programmes (25%), resources (15%), and management (10%)
    タイムズ(THE)世界ランキング 
    英国の高等教育専門週刊誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』が2004年から毎年秋に公表している世界の大学ランキング。評価の特徴は、学問分野別の研究者によるピア・レビュー(同一分野の研究者による客観的判断を仰ぐ評価方法)に重点を置いてる。
    QS世界ランキング
    英国の大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」が毎年9月に公表している世界の大学のランキング。2004年から公表しているが、2010年に『タイムズ・ハイアー・エデュケーション』とのリスト作成を取りやめ、独自に発表している。ランキング計算の50%がインタビューによる名声の聞き取り調査となっている。そのためランク外や低いランキングポジションの名門大学も拾い上げる事が出来る。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer