TAYLOR'S

taylors.gif
一口コメント: 
池を囲んだ美しいキャンパス、観光ホスピタリティ学部や米大学編入で有名
概要: 
テイラーズ大学は1969年にTaylor's Education Groupによって設立された私立大学です。同グループは短大、国内外で数々のインターナショナルスクールも経営するマレーシアで最も定評の高い大手高等教育機関になっています。 2009年、2011年、2013年、2017年にSetara格付けにより最上格のティア5(エクセレント)を4期連続で取得しました。また、学部ごとの格付けであるD Setaraでは、ホスピタリティ学部がマレーシア唯一となるティア6(アウトスタンディング)を取得し、ホスピタリティでトップの大学であることが証明されました。 文系、IT系の多くの学部でウエストイングランド大学(ただしホスピタリティは仏トゥールーズ大学)とのダブルディグリーとなっています。ADPは米国トップ大学への編入率が高いことで有名です。(87%の生徒が「ティア1」(上位200校)の米国大学へ進学という数値を公開しています。) 現キャンパスの「レイクサイドキャンパス」は2009年にクアラルンプール郊外スバンジャヤの一画に完成された近代的なビルであり、このキャンパス自体も数々の建造物に関する賞を受賞しています。学生は綺麗で新く気持ちのよいキャンパスで学習することが可能です。
ポイント!
  • マレーシアトップクラスの教育グループTAYLOR'Sの経営
  • 湖を囲んだ美しいキャンパス、テンション上がります!
  • ほとんどの学部が英大学とのデュアルディグリー、ADPにも定評あり
  • 特に観光ホスピタリティー学部の定評が高い。政府機関格付けでもトップ
  • 授業料は少し高め(文系で年間95万円程)
  • SETARA評価では4期連続「EXCELLENT」を受賞
学校名: 
TAYLOR's University
学校名(日本語): 
テイラーズ大学
経営形態: 
私立大学
設立年度: 
1969年
キャンパス: 
スバンジャヤ(レイクサイド)
総生徒数: 
約15,000人
留学生比率: 
約20%
日本人生徒数: 
約50人
学部構成: 
English Intensive Course(英語集中コース)
学部構成: 
Pre-University(大学準備コース)
学部構成: 
Diploma(短大)
学部構成: 
Undergraduate(学部)
学部構成: 
Postgraduate(大学院)
主要学部: 
ADP(米大学編入学部)
主要学部: 
ビジネス、経営
主要学部: 
ホスピタリティ、ツアリズム
主要学部: 
文学、教育
主要学部: 
IT、コンピューター
主要学部: 
法律
主要学部: 
工学
主要学部: 
理学
主要学部: 
医学、薬学
主要学部: 
建築
主要学部: 
料理芸術
編入制度: 
米国大学編入コース(ADP)
編入制度: 
ツイニングプログラム(Twinning Program)
編入制度: 
デュアルディグリー(Dual Degree)
編入制度: 
交換留学(Exchange Study Program)
主な提携校: 
西イングランド大学(英)-多くの学部(例:マスコミ)でデュアルディグリ提携校(3+0)
主な提携校: 
トゥールーズ大学(仏)- ホスピタリティ系学部のデュアルディグリ提携校
主な提携校: 
クイーンズランド工科大学(豪)-ビジネス学部の2+1デュアルディグリ提携校
主な提携校: 
西オーストラリア大学(豪)-薬学部の2+2ツイニングプログラム提携校
履修年数: 
ディプロマ:2年
履修年数: 
ディグリー(文系、IT等):3年
履修年数: 
ディグリー(工学、薬学):4年
履修年数: 
ディグリー(医学):5年
履修年数: 
ADP:マレーシア2年+米国2年
入学時期: 
ディプロマ: 主として1月、7月あるいは1月、5月、8月
入学時期: 
ディグリー: 主として3月、8月
入学時期: 
ADP: 1月、3月、8月
学費目安: 
文系:年間95-105万円
学費目安: 
ホスピタリティ:年間約110万円
コース(学部)詳細
現時点では、「ビジネス・経営」、「ホスピタリティ・観光」、「IT・コンピューター」、「マスコミ・教養」系のバチェラーディグリー(学士号)コースが登録済みです。
合格基準(目安)
下記基準は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。また、学部ごとに異なる場合があります。
学校の成績: 
ホスピタリティ(ディプロマ):平均2/5以上(ただし英語3/5以上)
ホスピタリティ(ディグリー):平均3/5以上(ただし英語3/5以上)
ビジネス(ディグリー):平均4/5以上(ただし英語と数学4/5以上)
ビジネス(ディプロマ)::平均2/5以上(ただし英語と数学2/5以上)
英語スコア: 
ディプロマ : IELTS 5.0
ディグリー(ホスピタリティ) : IELTS 5.0
ディグリー(ビジネス) : IELTS 6.0
(基準未満なら語学コースの受講)
語学コース詳細
英語コース概要: 
各学部の英語基準に満たない学生は、まず英語集中コースから開始します。コース開始前に評価テストを受け、自分のスコアに該当するレベルから学習を始めます。最終レベルをクリアすると所定の学部コースに編入できます。1レベルをクリアするのに240時間(12週間)を要します。
コース名: 
Intensive English (IEN)
レベル数: 
2
1レベルの期間: 
240時間(12週間)
開始月: 
MAR
開始月: 
AUG
開始月: 
NOV
費用: 

RM3,360(1レベル=3ヵ月)

大学院
専攻(コース): 
MBA
専攻(コース): 
ホスピタリティ&ツーリズム
専攻(コース): 
フードスタディー
専攻(コース): 
建築
専攻(コース): 
法学
専攻(コース): 
教育
専攻(コース): 
その他理系学部多数
主な提携校: 
トゥールーズ大学(仏)- ホスピタリティ系
履修年数: 
1年~1年半(フルタイム)、2年~5年(パートタイム)
費用 : 
約200万円(MBA、ホスピタリティ)
合格基準注釈: 
MBAの場合、大学の成績が最低2.5以上+3年の職務経験が必要。 ホスピタリティの場合、大学の成績が2.0から2.5以上+5年間のホテル、観光系の職務経験が必要。 英語基準はIELTS以外にTOEFLiBT88点以上でも対応可。
合格基準(IELTS): 
6.5
ランキング・レーティング
各ランキング・レーティングに関する説明は、ページ下にある「注釈(大学)」をご参照ください。
SETARA(2009): 
TIER 5: EXCELLENT
SETARA(2011): 
TIER 5: EXCELLENT
SETARA(2013): 
TIER 5: EXCELLENT
SETARA(2017): 
TIER 5: EXCELLENT
お客様の声&インタビュー

1年間で基礎を学べるFoundationコースは良いシステムだと思います。

EY.png
学校種別: 
大学・短大
学校名: 
Taylor's University
学部名: 
Foundation in Business
内容: 

高校生だった私はマレーシアと聞いてピンとくるものは何もありませんでした。最初は興味がなかった上に、留学先にしようなんて微塵も考えていなかったからです。

マレーシアではホスピタリティ学部が多く、最もマレーシアらしい学部なのではないでしょうか

YTさん.jpg
学校種別: 
大学・短大
学校名: 
Taylor's University
学部名: 
ホスピタリティ学部
内容: 
Q.なぜマレーシアに留学しようと思いましたか。
A.私がマレーシアに留学しようと思った理由は主に2つあります。
1つ目はコストが安いことです。他の国と比較して全体的にコストが安いことと、その安さに比べて教育の質は高いと思います。アメリカやイギリスなどの教育と同じぐらいの質なのではないでしょうか。
契約宿泊施設

U Residence

Taylors U Residence.JPG

テイラーズ大学レイクサイドキャンパス内にある学生寮。大学キャンパスと同様に赤を基調としたエクステリアカラーで明るく、清潔感にあふれる寮。寮の下には小型のショッピングモールがあり、買い物、食事に便利。セキュリティも非常に厳しい。2017年にはコインランドリーもできて更に便利になった。部屋は、1人部屋/2人部屋/バルスーム付き/調理設備付き、などから選ぶことができる。

訪問記
★訪問記の記事内容は、無料会員登録後、ログインしてからご覧ください。(画面右上に、「新規登録(無料)」および「ログイン」のリンクがあります。)
kosakaさんのユーザアバター

図書館が遅くまでやっていることがポイントでした!

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
kosakaさんのユーザアバター

入寮(ホテルチェックイン)に同行しました。

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
takanoさんのユーザアバター

Event Management専攻してます

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
kosakaさんのユーザアバター

こんなに大勢が英国一流大学に!?

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
takanoさんのユーザアバター

ホスピタリティの施設は圧倒的充実

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
takanoさんのユーザアバター

大学の規模に驚愕!

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
takanoさんのユーザアバター

9月7日視察同行(テイラーズ大学)

学校種別: 
大学・短大
訪問校: 
TAYLOR'S
Video: 

ロケーション
Google Map: 


より大きな地図で KL大学&短大MAP を表示

注釈(大学)

  • 上記情報に関しては、関連HP上のデータおよび関係者のヒアリング等により入手したものを掲載していますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社はその責任を負うものではありません。
  • 「学費目安」は、公表された数値のみを利用し算出した概算です。(1リンギ30円で換算)目安としてのみご利用ください。入学金等の初期費用は含まれません。
  • 「合格基準」は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。最終的には大学の担当部署による審査で合否判定されます。なお、「英語スコア」に達しない場合、あるいはスコアを保有していない場合は、学部入学の前に付属の英語コースの所定レベルを完了(または受講後IELTS取得)することを条件に入学許可を出す場合が一般的です。
  • ツイニング(プログラム)とは、マレーシアの私立大学が、海外のある大学と提携関係にあり、原則、前半をマレーシア、後半を海外ホスト校で勉強することにより、海外提携校の学位が取得できるというシステムです。「マレーシアでの履修年数+提携校での履修年数」という表現を使い、「2+1」「1+2」「3+0(マレーシアのみ)」などと呼ばれます。
  • デュアルディグリーとは、マレーシアの私立大学とある海外大学との提携関係により、マレーシアの大学の学位取得(卒業)時、提携校の学位も同時に取得できるシステムです。
  • ADPとはAmerican Degree Transfer Program(米国大学編入プログラム)のことで、マレーシアでの取得単位を米国大学へ移行できる制度です。通常「2+2」の形式となっており、マレーシア2年、米国2年の学習で米国の大学の学位が取得できます。
  • 「ランキング・レーティング」に関しては、下記機関によるものを掲載してあります。(ランクキングに登場しない場合、非掲載)
    SETARAレーテイング(マレーシア国内)
    マレーシア公的機関であるMQA (Malaysian Qualification Agency) が2年毎に実施するマレーシア国内の大学の調査評価で、各大学を"TIER 6: OUTSTANDING"から"TIER 1: WEEK"の6レベルに格付けしたも。下記の6項目で評価していると言われる。
    academic staff (25%), students' selectivity (10%), research (15%), academic programmes (25%), resources (15%), and management (10%)
    タイムズ(THE)世界ランキング 
    英国の高等教育専門週刊誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』が2004年から毎年秋に公表している世界の大学ランキング。評価の特徴は、学問分野別の研究者によるピア・レビュー(同一分野の研究者による客観的判断を仰ぐ評価方法)に重点を置いてる。
    QS世界ランキング
    英国の大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)」が毎年9月に公表している世界の大学のランキング。2004年から公表しているが、2010年に『タイムズ・ハイアー・エデュケーション』とのリスト作成を取りやめ、独自に発表している。ランキング計算の50%がインタビューによる名声の聞き取り調査となっている。そのためランク外や低いランキングポジションの名門大学も拾い上げる事が出来る。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer