大学院留学

B2669.jpg

ここ数年、人気が高まってきているマレーシアでの大学留学。実は大学院(通称:マスター)にも年々注目が集まっています!
主な理由としては・・・
欧米大学院留学よりはるかに費用を抑えることができる!
MBA等のプログラムが充実している!
マレーシアにいながら海外提携大学の学位を取得可能!
夜間制もあるので現地で仕事していながらの勉強も可能!(就労ビザの種類による)

主なマレーシアの大学院

ヘルプ大学院
元々、心理学で有名な大学です。マスターでは経営、経済学の学科がとても充実しており、
イギリス又はオーストラリアの機関のMBAを取得できる制度もあります。

テイラーズ大学院
MBAはもちろんのこと、テイラーズ大学目玉のホスピタリティ学部にもマスターはあります。
法学部、教育学部、というより大学にあるほぼ全ての学部でマスタープログラムが提供されています。

APU大学院
経営学中心ですが、金融関係のマスターも充実しています。イスラム金融学というマレーシアならではの学部もあります。

モナシュ大学院
豪州のトップ8大学(Group of Eight)の一つであり豪州で最大規模を誇る総合大学です。世界ランクでも74位(Times Higher Education World University Rankings 2017)、65位(QS World University Rankings2016)にランクされる評価の高い大学です。マスターでは文系、理系とバランスよくコースがあります。

ノッティングガム大学院
由緒正しきイギリスの名門大学ノッティングガムのマレーシア分校です。常に英国内大学ランキングでは上位10位以内に位置しており、QS世界ランキングでは世界75位また多くの学科は世界トップ100位以内に入っています。
マスターは理系も充実していますが、英文学、国際関係、言語学というあまり他の現地私立大学院では扱っていない学問もあります。

入学条件

基本的に私立の大学院はほとんど入学条件は似ており、CGPAが2.5が最低ラインになります。
またMBAの場合はこれらの条件のほかに3年から5年の職務経験が必要になってきます。
もしCGPAが2.5に達してない場合でも5年間の職務経験が評価されて入学を受け入れてくれる大学院も存在します。
英語基準としてはIELTSスコアで6.0から7.0が条件となります。

授業料

一般的にアメリカの平均的な私立校でMBAを取得する場合の授業料は約200万円からと言われています。
ロンドン市内にある上位校ですと授業料は約360万円です。
一方マレーシアの私立の大学院でMBAコースに通う場合は約100万円から170万円が相場になってきますので、費用面だけを見ても欧米に比べるとかなりリーズナブルな価格と言えます。そして最終的にはオーストラリア又はイギリスの大学院からの学位が取得できます。

留学の手順

基本的には大学正規留学と同じ手順になります。こちらをご参照ください。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer