サンウェイインターナショナルスクールの入試に同行しました

adminさんのユーザアバター

11月13日、日本からやってきた中3女子Kさんのサンウェイインターナショナルスクール入試にアテンドしました。実は同家族にとってサンウェイインターは初めての訪問になりますが、弊社との事前コンサルでサンウェイ一本に絞り込み、すでに出願手続きをほぼ完了しておりました。

サンウェイを選んだ理由は、カナダ式カリキュラムを採用しているため統一卒業試験がないこと、また成績の評価法がテストオンリーでなく通常の授業参加(コースワーク)も重視してくれることです。これらは、インター校に高学年になってから挑戦される生徒様にとっては、そのハードルを比較的下げてくれる要因となります。また、教師の大半がカナダ人ということもプラスの要因でした。

Hさんは、これまでフィリピンやマレーシアでの短期サマースクールに参加した経験がありますが、基本的には中学3年まで日本の教育システムで育ってきたため、やはり英語力が大きな課題となります。なお、サンウェイにはEAPという6ヵ月間の英語集中プログラムが用意されていますので、仮に試験で「英語力不足」と判断されると、英語のみ(+体育、美術?)の6カ月集中コースに配属されることになります。(もちろん「不合格」もあり得ますが、、、)

ちなみに、英語筆記1.5時間、数学筆記1.5時間の長時間テストです。さて、試験を受けられたKさんの感想は、、、、?? 数学が意外に簡単だったそうです。英語は、、、、、 なお、試験結果は2週間以内にメールで送られてきます。良い知らせをお祈りいたします。

試験終了後、学校のスタッフにキャンパスツアーを行ってもらいました。順序が逆になりましたが、学校施設も真新しく明るい雰囲気で、親子そろって気に入ってもらえました。

なお、Kさんは入学の際にはサンウェイの学生寮に入寮予定ですが、なんと今なら寮費が半額という太っ腹なキャンペーンをしています。

もしお子様単身でのマレーシアインター校留学を検討されているご家庭がございましたら、今がチャンスですので、是非ご検討ください。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer