大学留学

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー(サンウェイ、テイラーズ、ヘルプ)なんと高校の先生が同行!

12月27日、今年最後となる大学視察ツアーを行いました。

視察者は現在高校3年生のS君と、なんとS君の高校の進路指導のI先生でした。今まで高校の先生が、生徒の視察に同行された例はありませんでした。しかも一人の生徒の視察に先生が同行するというのは、(生徒にとっては)ぜいたく過ぎます。

Kugaさんのユーザアバター

マレーシアの大学と日本の大学の違い

こんにちは、
インターンの久我です。
今回は、マレーシア大学と日本の大学の違いについていくつか書いていきたいと思います。

編入制度
日本の場合最初に入った大学を卒業する事が多いですよね。
ですが、マレーシアは最初に入学した大学以外にも海外の提携校が多くあるのでそちらの学位と併せてマレーシアにいながらとることもできるのです。
提携校先には、世界大学ランキング上位校も多くあります。

takanoさんのユーザアバター

12月12日大学視察ツアー(サンウェイ、テイラーズ、ヘルプ)ビジネス/心理学部

12月12日に神奈川県からお越しのYさんを大学視察ツアーにお連れしました!

去年に高校を卒業されたYさんですが、留学経験がないにも関わらずかなりの英語力をお持ちでした。

各大学の担当者との会話もほぼほぼ問題なく、伝えたいことはきちんと伝えることができていました。
私の通訳としての役割はほとんどなかったです。(笑)

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー(INTI、テイラーズ、APU)同じ出身高校の先輩が後輩を案内!

12月5日大学視察ツアーを行いました。視察者は、将来海外(特に米国)の大学に編入したいと考えるRさんです。

学部的には、当初国際関係学部を検討していましたが、マレーシアの私立大学にあまり国際関係学部はないので、ビジネス系学部も候補にいれました。

大学選択は、米国編入の定評の高いINTIとテイラーズ、国際関係学部があるAPUという3校の組みあわせになりました。

usamiさんのユーザアバター

なぜ大学留学? - グローバル化と激変する世界

先月、ある高校でマレーシア留学についての説明会を行わせていただきました。その高校では、海外大学も進路の一つとして生徒の皆様へのサポートを積極的に行っています。さらに、マレーシアの大学も留学先の一つの選択肢として大きく位置付けられています。

takanoさんのユーザアバター

11月29日大学視察ツアー(ホスピタリティ学部集中!)

11月29日に東京からお越しのAさん姉妹をYTL、Berjaya、Taylor's大学の三校を視察しました。

Aさん姉がすでに高校を卒業しており、マレーシアの大学、ホスピタリティ学部の専攻を希望しております。なんでも通われていた高校が家庭科コースや調理実習が豊富だったことから調理学科が第一志望です。

もしどこかの調理学科に入学されますと弊社で初めての方になります!

kosakaさんのユーザアバター

大学視察ツアー11月23日 豪州大学編入を目指して!(TAYLROS、INTI、HELP)

11月23日、現在高校3年生のお嬢様ご家族を対象として大学視察ツアーを行いました。来年6月〜9月頃のマレーシア大学入学を目指します。

Kugaさんのユーザアバター

Taylor'sを訪問してきました!!!

先日クアラルンプール郊外にあるテイラーズ大学に施設見学に行ってきました。

とにかくキャンパスが広くて、駐車場が広すぎて?笑笑 

テイラーズの学生は車で通う学生が多くかなりの台数の車が駐車されていました。

中には、ベンツやBMなどの高級車があったりと、、やはり学費が他のマレーシア大学に比べ高いのでお金持ちの方が多いようです。笑

Kugaさんのユーザアバター

INTIを訪問してきました!!!

先日、クアラルンプール郊外にあるINTI大学に訪問させていただきました。

ここの大学はマレーシア内に5個のキャンパスを有しています。

今回は日本人学生も多く通っている、スバンキャンパスを訪れました。

周りは学生街という感じで商業施設や病院などがあり生活に不便を感じることはないと思います。

Kugaさんのユーザアバター

APUを訪問してきました!!!

先日、クアラルンプール郊外にあるAPU(アジアパシフィック大学)に訪問させて頂きました。

(日本にも似たような名前の大学がありますが、全く無関係のようです。笑笑)

ビジネスやツーリズム関連の文系学部も用意されていますが、

何よりITにとても力を入れており、ITプログラムがとても充実していました。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer