英語サマーキャンプ(スクール)in クアラルンプール 2014

Summer Camp Slideshow.fw_.png

》英語サマーキャンプ(スクール)2015の情報はこちらからどうぞ

============================================

待ちに待った2014年サマーキャンプの概要が決まりました。今年のサマーキャンプ(サマースクール)は、なんとお子様が親元を離れ、ジャングルに囲まれた学校のキャンパスに泊まり込み、外国人先生や他の国籍の子供たちと共同生活をするというまさにサバイバルなキャンプです。(保護者様もご希望により学内に宿泊可。)日本人のみを対象とするサマースクールではなく、(日本人参加のない)昨年も実施している現地発祥の本物のサマーキャンプです。
英語のレッスンはもちろん、「熱帯雨林キャンプ」というワイルドなアクティビティから「大学訪問見学」というアカデミックなものまで満載です。毎日午前7:30から午後10時まで本気かつ楽しいプログラムを通して英語のシャワーを浴び続けます。キャンプ終了時には精神的にも、英語力的にもきっと成長したお子様の姿が見られるはずです。参加者の英語レベルは問いません。
なお、一定の条件のもと、お子様単独の参加も可能です。今すぐご予約を!

期間 2014年7月23日(水)~8月3日(日)(土日含む12日間)
場所 UCSIインターナショナルスクール・スプリングヒルキャンパス(クアラルンプールから車で1.5時間ほどの郊外)
募集人数 20名程度(生徒数)
対象年齢 10才~18才
参加費用 ■お子様1名あたり216,000円
【料金に含まれるもの】
 ・サマーキャンプ授業料、アクティビティ参加費用
 ・サマーキャンプ中の生徒様寮費 相部屋12泊
 ・サマーキャンプ中の食事(1日3食)
 ・空港または市街から学校までの送迎(専用バスによる)
【料金に含まれないもの】
 ・日本から往復の航空運賃(保護者様、お子様供)
 ・保護者様の宿泊費および交通費
 ・海外旅行傷害保険
 ・その他個人にかかわる費用すべて
参加スタイル1
<親子参加>
保護者様が往復両方のフライトにお子様と同乗する場合
参加するお子様が12歳未満の場合はすべてこのケースに該当します。お子様は学校内に宿泊し、保護者様は市街のホテル等あるいは学校内に宿泊されます。
保護者様がホテル等に宿泊される場合、下記「集合」、「解散」に間に合う日程であれば、日本からの往復航空券および現地ホテルについては各自自由です。必要な場合、近畿日本ツーリストが航空券+ホテルの料金および手配もご提案できますので、よろしければ下記までお問合せください。ただし、ご案内できる航空会社はエアアジア以外になります。
近畿日本ツーリスト個人旅行販売株式会社
東京都渋谷区神南1-20-9ABC-MART公園通りビル5階
電話 03-6455-0887 ファクス 03-5728-5670 
担当:楠見 Email: kusumi862062@knt-t.co.jp 

集合と解散は下記のとおりとなります。
【集合】
2014年7月23日(キャンプ初日)9:00(予定) クアラルンプールのヒルトンクアラルンプールホテルロビーに親子とも集合、学校手配の専用バスにて生徒様を学校へ送迎いたします。学内に宿泊される保護者様もバスに同乗します。
【解散】
2014年8月3日(キャンプ終了日)11:00(予定)、学校手配の専用バスにてお子様と学内に宿泊された保護者様をヒルトンクアラルンプールホテルロビーまで送迎します。)市街に宿泊された保護者様は到着予定時刻にホテルにてお待ちください。(到着12:30予定)

なお、「参加スタイル1」(親子参加)ながら、偶然フライトが「参加スタイル2」と同じ場合、お子様、保護者様とも「参加スタイル2」の方法で空港・学校間の送迎をいたします。

参加スタイル2
<(主として)子のみ参加>
保護者様が往復またはどちらか片道のフライトにお子様と同乗しない場合(お子様が12歳以上の場合に限り可能)
お子様が12歳以上であり、かつお子様が下記の往復のフライト(羽田発エアアジア便)をご利用する場合に限り、弊社スタッフが日本から同伴し、お子様達を引率します(アテンドサービス)。
【往路】 2014年7月22日 23:45 羽田発 6:10(翌日)KL着 D7 523便
【復路】 2014年8月3日 14:30 KL発 22:30(当日)羽田着 D7 522便

・アテンドサービスをご利用になる場合、片道につき16,200円の追加費用がかかります。(往復で利用される場合は、32,400円)
・例えば、往路のみ保護者様とお子様が同乗し、数日後に保護者様のみ別便で帰国されることも可能です。
・お子様は、往復とも空港・学校間を学校手配の専用バスで送迎いたします。
エアアジア航空券は、各自ご予約ください。弊社作成の「ネット予約マニュアル」をお渡ししますので、予約前にお取り寄せください。エアアジアは、時間の経過とともに運賃が上がってゆく傾向がありますので、可能な限りお早目にご予約ください。
保護者様の宿泊について 参加スタイル1で説明したとおり、基本的に保護者様のご宿泊は自由です。ただ主催校が、キャンパスの学生寮内で一部期間あるいは全期間をお子様と一緒に宿泊できるオプションを提供してくれました。料金は下記のとりです。

■学内3泊コース(初日、2日目、最終日前日泊)
1名様22,500円(シェアルーム)
1名様38,000円(家族で1ユニット、ご夫婦の場合70,000円)

【含まれるもの】
・3泊の宿泊料
・初日と2日目および最終日の空港(または市街)からの往復の送迎
・3日間の食事(1日3食)

■学内全期間泊コース(計12泊)
1名様86,5000円(シェアルーム)
1名様121,000円(家族で1ユニット、ご夫婦の場合202,000円)

【含まれるもの】
・12泊の宿泊料
・初日、最終日の空港(または市街)からの往復の送迎
・12日間の食事(1日3食)
・下記のアクティビティの入場料と往復の送迎(a-cは子供とジョイント、d-fは親のみ)
 a)ペトロサインス科学センターとUCSI大学の訪問(ジョイント)
 b)古都マラッカへのデイツアー(ジョイント)
 c)アーミーキャンプとポートディクソンタウンの訪問(ジョイント)
 d)ポートディクソンビーチのシーフードディナー会*(保護者のみ)
 e)クアラルンプールショッピングツアー*(保護者のみ)
 f)オンキャンパスのいくつかのクラスの参観*(保護者のみ)
 *は変更の可能性があります。

「シェアルーム」は、自分のお子様と他のお子様(同性別、4-5名)の組み合わせで1ユニットに宿泊するパターンです。お子様および他のお子様と一緒ににぎやかにお過ごしできます。
「家族で1ユニット」の場合、ご家族のみで1ユニットを専有するパターンです。よりご家族のプライバシーが確保されます。なお1ユニットは、リビングルール、ベッドルーム、バスルームなどで構成されます。下記画像参照。(キッチンはありません。)

主催校について UCSI International School
教育、ホテル、不動産、技術、医療、コンサルの6つの事業分野をもつUSCIグループの所有するインターナショナルスクールで、グループの教育事業は1986年以来の歴史があります。教育事業の中では同校の他、UCSI Universityが有名です。同インターナショナルスクールは、スバンジャヤとポートディクソンにキャンパスを保有しており、前者は英国式(ケンブリッジ)のカリキュラムを採用していますが、今回のサマーキャンプの舞台となるスプリングヒル(ポートディクソン)はIB(国際バカロレア)を採用しています。スプリングヒルは、KL市街からは車で1時間半ほどの距離にあり、ビーチリゾートで有名なポートディクソンにも近く、ジャングルの大自然の中に造られたキャンパスです。
主なアクティビティ 英語レッスン、熱帯雨林キャンプ、スポーツ(水泳、バスケットボール)、科学センター訪問、マラッカツアー、トレッキング、UCSI大学訪問等
他の参加者 中東、韓国からの生徒、ローカル生徒(昨年実績 計20名ほど)
教師について 主としてアメリカ人、白人系南アフリカ人の英語ネィティブ教師(予定)
保護者様向けプログラム 下記の保護者様向けプログラムを予定しています。
・インター校正規留学セミナー
・インター校視察ツアー(1日でインター3校程度を訪問・視察します)
・KL生活オリエンテーション(親子留学を想定して生活施設を視察します)
・不動産視察ツアー(高級住宅街や庶民的な街の賃貸・売買物件を視察します。)
・英語グル―プレッスン
各料金は決定次第公表します。なお、参加者が定員に満たない場合、取りやめとなることもあります。
なお、各保護者向けツアーの出発場所はすべてヒルトンクアラルンプールホテル(予定)となります。またセミナーおよび英語グループレッスンは、(株)暮旅KLオフィス(KLセントラル)で行う予定です。

色々なニーズに対応できるようにと、少し参加方法が複雑になっているかもしれません。「興味はあるが申込みの仕方がよくわからない」という方は、まず下記の「お問い合わせ」ボタンから電話またはフォームでお問い合わせください。

お申込み

お問い合わせ

添付サイズ
サマーキャンプ日程表(英語、詳細)73.65 KB

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer