RIS

RIS.gif
レーティング
学費水準(高⇒低): 
3
入学難易度(高⇒低): 
4
アカデミック度(低⇒高): 
4
施設充実度(低⇒高): 
5
一口コメント: 
大半が英語ネィティブ教師で、日本人生徒は数名のこじんまりとした穴場的学校。
概要: 
2010年に設立された新鋭の学校で、国内校と国際校を保有している。国際校はどちらも郊外のプチョンとカジャンにキャンパスがある。基本的には英国カリキュラムを採用している。大半の教師が英語のネィティブスピーカー。外国語(英語以外)はマンダリンとマレー語が必修。有名大学INTIと提携関係にあり、セカンダリ―卒業後はINTI学内で、Aレベル、IBディプロマ、ADP、豪州大学入学資格などの各種プレUコースを選択することが可能。キャンパスは綺麗おしゃれで日本人好みと言えるが、日本人生徒はまだ数名で、穴場的な学校。
基礎データ
学校名: 
Rafflesia International School
学校名(日本語): 
ラフレシアインターナショナルスクール
設立年度: 
2010年
キャンパス: 
プチョン
キャンパス: 
カジャン
総生徒数: 
300名程度
カリキュラム: 
英国式
学期開始: 
9月
学期開始: 
1月
学期開始: 
4月
学部構成: 
プレスクール、プライマリー(G1-6)、セカンダリー(G7-11)
ロケーション
キャンパス環境: 
プチョンキャンパスは、プチョンと言いながら、実際はサイバージャヤやプトラジャヤに近い新興住宅地のシエラ16と言われるエリアにあります。周辺は高級一戸建て群やコンドミニアム(建設中)から構成される閑静な住宅地で学習環境は申し分ありません。一方で市街からはかなり南部にあるため、通学に最も便利な居住エリアはプトラジャヤ、サイバージャヤ、プチョン周辺になると思われます。
最寄鉄道駅: 
なし
入学要件
各情報は確認情報とは限りません。推測も含みます。単なる目安としてご利用ください。
保護者必要ビザ: 
保護者ビザ
待機状況: 
待機なし
地図
Google Map: 

プチョンキャンパス

カジャンキャンパス

ご注意: 
上記情報はすべてが各学校の公表データ、最新データとは限りません。弊社が各種情報源から間接的に入手した情報、および弊社が推測した情報も含みます。正確で詳細な情報を入手するためには、該当校を訪問し、入学担当者から直接ヒアリングすることをおすすめします。これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社はその責任を負うものではありません。

ご注意

  • 上記情報はすべてが各学校の公表データ、最新データとは限りません。弊社が各種情報源から間接的に入手した情報、および弊社が推測した情報を含みます。正確で詳細な情報を入手するためには、該当校を訪問し、入学担当者から直接ヒアリングすることをおすすめします。これらの情報の利用によって生じたいかなる損害についても、当社はその責任を負うものではありません。
  • 「試験タイプ」における「合否試験」は、合格・不合格を判定する試験、「レベル試験」は、英語集中クラスもしくは正規クラス、あるいは年齢相応の学年もしくはそれ以下の学年に振り分けるための試験を意味します。ただし現実的には両試験は明確に区別されているわけではりませんし、エントリーする学年によっても異なるので、単なる目安としてご利用ください。
  • 「待機状況」は、試験に合格しても、学校側のキャパシティーの問題で、すぐに入学が認められない状況(いわゆるウェィティング)を意味します。エントリーする学年やタイミングにより状況が刻々と変化しますので、目安としてご利用ください。
  • 学費の「G1」は1年次(小学1年)、「G7」は7年次(中学1年)時の概算の年間授業料を意味します。これは最新の数値とは限りませんので、出願の際は最新の授業料を確認する必要があります。また、これらに加え、技術費、設備費、バス代、昼食代等の費用が別途かかります。円金額は1リンギ30円の為替レートで計算しています。為替相場は変動しやすいので直近のレートで再計算することが必要です。
  • 「レーティング」は、推測を含む限られた情報に基づき弊社が評価したものであり、その正確性、客観性は保証できません。単なる目安としてご利用ください。
    • 株式会社 暮旅

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer