エリア解説

インターナショナルスクールはマレーシアの全国各地にありますが、ある程度の学校が集中して存在する代表的なエリア(州)の長所と短所をまとめてみました。

エリア(州) 長所 短所
WPクアラルンプール 首都圏から通いやすい。有名校、名門校が多い。車が不要な場所が多い。 学費、生活費、家賃が割高になる傾向がある。保護者ビザ受給が煩雑で、収入要件がある。(月額収入60万円以上)
セランゴール州 KL国際空港から比較的近い。学校の選択肢が豊富。家賃や物価が安いエリアも多い。 車が必要な場所がある。
WPプトラジャヤ 位置的にはセランゴール州の中にあり、KL国際空港に近い。 学校の数が少ない。保護者ビザ受給が煩雑。
ネゲリセンビラン州 KL国際空港に近い。有名ボーディングスクールが多い。 田舎的で車が必須と感じるエリアが多い(親子留学で)。
ぺラック州 学費、物価が非常に割安。 交通手段が限られ、KL国際空港からも非常に遠い。車は必須と考えられる。
ペナン州 学費が割安な学校が多い。有名校もいくつかある。リゾート的な環境。 直行便はなくKLで乗り継ぎになる。海では泳げない。車が推奨される。
ジョホール州 シンガポールに近い。有名校がいくつかある。 治安に不安がある。アクセスが非常に悪い。車は必須と考えられる。

それでは、下記に各エリア(州)の具体的な解説をしてゆきます。

WPクアラルンプール

言わずと知れたマレーシアの首都。正確に言うとクアラルンプールは州でも市でもなく「クアルンプール連邦直轄領(WP Kuala Lumpur)」となる。面積は東京都の約4割と広くはないが、一般的にクアラルンプールという場合、隣接するセランゴール州、プトラジャヤを含めクアラルンプール首都圏という広義の意味で使われる場合も多い。インター校は歴史ある学校が多く、特にモントキアラ、アンパンなどにある学校は、地価が高く駐在員も多いエリアなので、学費は割高になる傾向がある。土地も限られているため新設校も少なく、多くが隣接するセランゴール州に設立されている。また、(狭義の)クアラルンプールは学生ビザ・保護者ビザの審査が厳しく(子供1人の場合で月額収入60万円以上目安)、提出書類も他州に比べ格段に多いので、ビザ申請で苦労したり追加で費用がかかる場合もあり注意が必要です。である。「親子留学」の場合、クアラルンプールよりむしろセランゴール州が中心となっている。


セランゴール州

上記、(狭義の)クアラルンプールを取り囲む広大な州。割安な学校や新設校も数多く、「親子留学」の場合中心となるエリア。ペタリンジャヤ、スバンジャヤ、シャーアラム、チェラス、カジャンなどにインター校が多く、実際の居住地もこのエリアを選ぶ方が多い。物価や家賃も安め。特にセランゴール州の中央から南側はクアラルンプール国際空港にも比較的近いエリアになるので、日本へ頻繁に一時帰国をされる家族にとっては便利なエリア。とにかくリーズナブルな学校の選択肢が豊富で、学生ビザ・保護者ビザ審査もクアラルンプールほど厳しくないため、親子留学では最も無難な選択肢と言える。


WPプトラジャヤ

マレーシアの「新首都」とも言われる行政都市。実際、国会以外の政治機能はすでにクアラルンプールからプトラジャヤに移転しているとも言われる。位置的にはセランゴール州南部の一部とも考えられるが、行政的にはクアラルンプールと同様、独立した「連邦直轄領(WP)」の扱いになる。今のところ弊社がカバーとしているインター校としてはネクサスインター1校のみだが、隣町サイバージャヤやスリケンバンガンにある学校の居住ベースとなる場合がある。(特にマレーシア最大のモールとなったIOIシティモールを中核とするエリアは。)


ネゲリセンビラン州

ネゲリセンビラン州はセランゴール州の南東に広がるエリア。セレナバンが中心都市。森林地帯が多く田舎というイメージが強いが、エプソムカレッジKTJ(コレッジトゥンクジャファー)など有名寄宿学校が多いエリア。土地が安いためどちらも広大なキャンパスが魅力。州西部は国際空港にも比較的近いので、単身留学の寮生にとっては意外に便利な場所とも言える。親子留学で住む場所がない、と言われてきたが近年住宅地やモールも増え不便さは徐々に解消。むしろ物価が超安いので、注目のエリアとも言える。


ぺラック州

セランゴール州の北側に広がる広大なエリアで、この州にある有名な都市はイポー。イポーにはいつくかのインター校もあり、学費も物価もかなり割安ではあるが、問題はやはりそのアクセス。KLからは200kmあり車で約2.5時間はかかる。国際空港からは3.0-3.5時間。イポーにはETSという特急電車も通っているが、やはり2時間以上かかり1日に数本のみ。予算超重視の方や日本への一時帰国はあまりしない、という方にはおすすめできるエリア。


ペナン州

ペナン州はぺラック州の北側の大陸のごく一部とペナン島から構成される州。ペナン島と聞くとリゾート地のイメージがあるが、実は過去の話で現在は有数の工場地帯になっており基本的に海では泳げない。ただ、リゾートチックな風景や多くの自然は残っているので、のんびりした環境が好みであれば良い選択肢と言える。インター校は10校程度あり比較的授業料は比較的割安。物価はクアラルンプール圏とあまり変わらない。問題はやはりそのアクセスの悪さで、日本からはの直行便はなく、基本的にKL経由で時間ロスが多い。KLからバスでも行けるが5時間はかかる。こちらも日本への一時帰国が少ない方向けと言える。


ジョホール州

ジョホール州はマレー大陸の最南端でシンガポールに隣接する州。ジョホールバルが中心都市。元々ジョホールは日本からのアクセスが良くない上に、マレーシアで最も治安の悪い都市と言われており、安全が最優先の親子留学にはあまり適さないエリアと言える。ただし、政府が無理矢理?都市開発を進めているためマルボロカレッジなど有名校がエデュシティと呼ばれる特区に誘致されている。(ただし全体的な都市造りはうまく行っていない。)シンガポールに近いのが魅力という声があるが、シンガポールは観光が一巡するとその異常な物価の高さゆえに、どちらかと言うと近づきたくない街になる可能性が高い。


換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
31.0000
USD→YEN:
145.0000
Updated: 05/02/2024 - 15:46

お問合せ・無料オンライン個別相談・資料請求