3人の若き侍が「起業家教育」のシティハーバーインターに単身で挑戦!

kosaka

1月上旬より弊社サポートの若き3名の日本人生徒が「冒険家教育」あるいは「起業家教育」で知られるシティーハーバーインターナショナルスクールに入学します。

http://www.m-ryugaku.com/schools/chis
(シティーハーバーインターナショナルスクール)

3名様の年齢は、それぞれ10歳、13歳、13歳と非常に若いですが、3名とも単身の留学となります。つまり親元を離れて同校の学生寮に滞在します。まさに3人の若き侍です。(1名は女性ですので、侍とは大変失礼ではありますが、、、)実は本年9月より既に1名の10歳の日本人侍が入学していますので、これで計4人の侍となります。

しかも同校はクアラルンプールより車で最短3時間半はかかるスリマンジョンという場所にあり、そう簡単には行けない場所です。(パンコール島というリゾートアイランドの手前の半島側です。)実は、来年より海岸線のハイウェイができ2時間で行ける話やパンコール島に空港がオープンする話がありましたが、今のところどちらも実現しておりません。やはりマレーシアですね(泣)。そこに単身で留学されるわけです。

この学校の最大の魅力は、他の画一的なインター校とは異なり、英国カリキュラムを採用しながらも「アウトワードバウンド」という冒険家育成のための施設と提携しており、「冒険家教育」、「起業家教育」あるいは「サバイバル教育」に力を入れているところです。アウトワードバウンドは日本ではほとんど知名度がありませんが、どうやらボーイスカウトに近い組織のようです。詳しくは下記の「アウトバウンドジャパン」のHPをご参照ください。

https://obs-japan.org/

つまり究極の文武両道教育を目指している、ということです。実際ボートやロッククライミングなどがカリキュラムに入っており楽しくも厳しい教育がなされます。(たぶん楽しいほうが多いと思いますが。)また、授業料も割安で、7年生で年間70-80万円程度です。

いずれにしても、ご本人も親御様も大変な勇気が必要です。この勇気を称賛したいと思います。もちろん学校も弊社も弊社も、この勇気ある留学の成功のため最大限のサポートをする覚悟ではありますが。

差し当たり、私も正月早々現地に赴きこれらご家族のためのサポートや学校経営者との会議を重ねる計画です。皆様もこの勇気ある挑戦を応援していただければと思います。また、この挑戦に参加したいとお考えのご家族があれば、是非ご相談ください。学校も日本人生徒様の入学を大歓迎しております。

フェイスブックへ「いいね」!

「ブログ記事」、「学校訪問記」、その他の貴重な情報をタイムリーに購読したい方は、下記フェイスブックページへ「いいね」!

「マレーシア格安留学情報」FBページ

ウェイブサイトにこれら情報を更新した際、同時にFBページにも投稿しますので、タイミングを逃しません!

お問合せ/個別相談予約/スカイプ&LINE相談/資料請求

換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
25.0000
USD→YEN:
106.0000
Updated: 2020/7/28