相次いでオンライン授業形式でのインター校入学!

kosaka

現在マレーシアはロックダウン中であり、大半のマレーシアのインターナショナルスクールはオンライン授業で運営されていることを過去何度もお伝えしていますが、日本人の新入生も、まず日本にいながらオンライン授業で入学される例が相次いでいます。

例えば、今週4月20日からキングスレーインターナショナルスクールの3学期がオンライン形式で開始されましたが、埼玉県在住のR君はオンライン授業参加という形でみごとY7への入学を果たしました。もちろん、まだマレーシアへは入国できないため日本のご自宅からの授業参加になります。

また、同じく埼玉県在住のH君は、5月よりペニンシュラインターナショナルスクールY7への入学を控えています。もちろんこちらも、日本のご自宅からオンライン授業参加になります。更に別のご兄弟(Y6とY10)も5月からのペニンシュラへのオンライン入学を検討中です。

英語力が不十分な日本人の生徒様は、ただでさえ英語オンリーの授業に参加するのは大変ですが、それが更に馴染みのないオンラインクラスからのスタートとなるため、当初はかなりの混乱と困難が予想されます。ちなみに、オンラインツールとしてはGoogle ClassroomやZOOMを使うようです。

事実、昨日はキングスレーの先生から「R君は個別のフォローアップが必要」との連絡を受け、先生と生徒様のLINEの設定をした次第です。今後もしばらくは、学校側も生徒側も試行錯誤が続くと思われます。それにしても、マレーシアの学校の先生が(マレーシアではほとんど利用されていない)LINEに精通し、LINEで個別サポートをしてくれることには感謝、感謝です。

もちろん、この不安定な時期にあえてマレーシアのインター校への入学を決意し、慣れないオンライン授業からの開始を強行していただいた生徒様とそのご家族には弊社としても感謝しきれません。ただ、日本の学校も緊急事態宣言のもとしばらくは休校と聞いていますので、その間を埋める良い機会になったのではないかと思われます。この期間、英語力も、IT能力も、サバイバル能力も飛躍的に伸びることでしょう。

日本の教育に大きなブランクが生じている間も、マレーシアのインター校はあらゆる手段で継続されます。しばらくは慣れないオンライン授業となりますが、それにあえて挑戦されるお子様とご家族を最大限応援、サポートしたいと思います。(もちろんこちらもオンライン在宅勤務になりますが。)
マレーシア留学は終わっていません。

フェイスブックへ「いいね」!

「ブログ記事」、「学校訪問記」、その他の貴重な情報をタイムリーに購読したい方は、下記フェイスブックページへ「いいね」!

「マレーシア格安留学情報」FBページ

ウェイブサイトにこれら情報を更新した際、同時にFBページにも投稿しますので、タイミングを逃しません!

お問合せ/個別相談予約/スカイプ&LINE相談/資料請求

換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
25.5000
USD→YEN:
105.5000
Updated: 2020/9/25