マレーシアでの社員(社内)英語研修をアレンジしました。

kosaka

今までマレーシア留学と言うと、「インターナショナルスクール留学(親子留学)」、「語学留学」、「大学留学」というのが主なカテゴリーでしたが、今後「社員研修(社内研修)」というカテゴリーが追加されそうです。(実は早速メニューに追加しちゃいました。)

というのも、弊社としては初めての試みですが、日本のあるIT関連企業よりマレーシアでの社員研修(社内研修)のアレンジを委託され、半年に渡る交渉、打ち合わせを経て、なんとかまとめあげることができたからです。

研修先はクアラルンプール郊外の某大学で、期間は約2.5カ月、前半の2ヶ月は英語集中プログラムで後半の0.5カ月にIT研修と企業訪問という内容です。今年の10月の頭から開始し、12月の中頃終了します。約15名の新入社員を中心とした若手社員が参加します。

今回は、単純に英語研修だけでなく、その後にITの研修が入っているのがIT企業の研修らしいところです。実はこの研修のアレンジに日本の大学でもITの講座を非常勤で担当している先生に関わっていただいたのですが、この大学のカリキュラムや内容が非常に先進的で実践的というご評価を頂戴し、それが研修実践の原動力となった面があります。日本の大学が技術系学部で教えていることはもはや原始的であり、これらの大学のカリキュラムにはまったく及ばないそうです。どちらが先進国かわからないような話です。

それはともかく、マレーシア留学というものが個人ベースだけでなく、企業ベースでも認められた、ということに大きな意義があると思います。やはり学費、生活費、英語プログラムの質、アカデミック(IT)、治安、生活インフラ、日本との距離・時差など色々な面を考慮すると、マレーシアが唯一の選択肢ということになりました。

今後も是非同様な社員研修のアレンジできたら嬉しく思います。今回は「英語+IT」という研修でしたが、旅行会社様やホテル様には「英語+ホスピタリティ(ホテル研修)」みたいなバージョンも提供できると思います。英語プラスという研修ができるのがマレーシアの強みです。

同様なニーズをお持ちの企業様は、是非ご相談いただけると幸いです。

ブログカテゴリー: 

フェイスブックへ「いいね」!

「ブログ記事」、「学校訪問記」、その他の貴重な情報をタイムリーに購読したい方は、下記フェイスブックページへ「いいね」!

「マレーシア格安留学情報」FBページ

ウェイブサイトにこれら情報を更新した際、同時にFBページにも投稿しますので、タイミングを逃しません!

お問合せ/個別相談予約/スカイプ&LINE相談/資料請求

換算為替レート

当サイト中のマレーシアリンギットおよび米ドルレートの円換算は、断りのない限り下記レートで行っています。

RM→YEN:
25.2000
USD→YEN:
107.5000
Updated: 2020/7/5