なぜインターナショナルスクールの学費は学校により大きく異なるのですか?

確かに同じ学年をとってもインターナショナルスクールによって授業料が年間50万円の学校もあれば300万円の学校もあります。
各学校のプライシングの根拠は良くわかりませんが、一般的な傾向として、①英語ネィティブスピーカーの先生が多いほど学費が高い、②高級住宅地にある(近い)学校ほど学費が高い、③施設が新しく充実しているほど学費が高い、という関係が見られるような気がします。
それでは、学費の差ほど学校のクオリティーに差があるか、と聞かれると、そうでもない気がします。例えば英国式のカリキュラムを採用している学校の間では、基本的には教える内容は共通です。コストパフォーマンスの高い学校を選択したいものです。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer