日本の大学を中退し、マレーシアの私立大学ホスピタリティー学科への入学を果たしました。

学校種別: 
語学学校
学校種別: 
大学・短大
生徒年齢: 
22歳
生徒性別: 
男性
入学学年: 
大学1年生
お客様の声: 

日本の大学を通して一年間のニュージーランドに留学した後、父親の知人の小坂さんという方が運営している株式会社暮旅からKL市街にある語学学校を紹介してもらい、さらに約六ヶ月ほど勉強して日本の大学を中退した後、KL郊外にある私立大学のホスピタリティ学科に入学しました。
 自分がマレーシアでホスピタリティ学科を学ぼうとした理由の一つは、留学して手に入れた英語のスキルを活用しようと思いました。また、マレーシアは、イスラム民族を含めたすべての人種、民族に対応するホスピタリティが勉強できる国ということもありました。
 今の時代はグローバル化が進んでおり、どの国の人々も様々な国に行き来しています。
 例えば様々な国の人が観光で日本に行こうと思っていたり、逆に日本人が様々な国に観光に行こうとしています。
 そのため世界共通語として知られている英語は最も役に立つものとして自分の今後の人生に大いに役立つものだと確信しています。
 また、その時にホスピタリティ学科は英語が必ず必要なスキルになります。観光するために来る人々は基本的にホテルを利用と思います。
 ホスピタリティは基本的にホテルについて学ぶことであって、ホテルの運営から始まって何から何まで勉強することになります。
 そこでも英語というものはコミュニケーションを取るために必要不可欠なものです。
 なので英語のスキルをさらに学びつつ活かすのと同時にホスピタリティも学んで、今後の将来にとても役立てるためにマレーシアの大学のホスピタリティ学科を選びました。

暮旅からコメント: 
○○君、お久しぶりです。○○大学ホスピタリティ学科合格おめでとうございます!あの大学はホスピタリティで定評がありますし、キャンパスもきれいでとてもインターナショナルですので、充実した大学生活が送れるのではないでしょうか!半年前、語学学校に入学以来、お互いに連絡をとる機会がなかったので、どうされているか心配していましたが、何とマレーシアの大学の合格を実現し、日本の大学も退学してしまったのですね!!!近いうちにより詳しいお話を聞かせてください! 

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer