まだマレーシアに日本人留学生が少ないので、その利点を最大限に利用して他国の生徒とコミュニケーションを取ってください。

カズ.jpg
タイプ: 
インタビュー
ニックネーム: 
カズさん
学校種別: 
大学・短大
生徒性別: 
男性
学校名: 
Sunway University
学校名(リンク): 
SUNWAY
学部名: 
Business Management
内容: 
Q.なぜマレーシアに留学しようと思いましたか。
A.まず、費用を考えた時に、英語圏で且つ学費・生活費が安いところがマレーシアでした。私は日本の大学を辞めてこちらに来たのですが、2年生までの学費を払っていたので、あまり負担がかからずに留学できる方法を考えていました。
費用面を考えるとアメリカなどの英語園は学費・生活費が日本の数倍にもなり負担が大きくなってしまいます。他のシンガポール・フィリピンなどの英語圏も調べましたが、費用面・大学のレベル・質を考えるとマレーシアの大学に通う事がベストだと思いました。
また、日本の大学に通っていた時は周りの学生はほとんど勉強をしておらず、それに影響されている自分に「自分はこれで大丈夫なのか」という危機感を感じました。そこで、先の事を考えた時に若いうちに苦労しておくべきだと思い、無我夢中に勉強ができるような環境を大学1年の終わりに調べ始め、2年の頭に大学を辞める事を決意しました。

Q.SUNWAY大学ビジネス学部を選ぼうと思った理由は何ですか。
A.もともと、ビジネス学部を専攻することは留学に来る前から決めていました。そこでエージェントに相談したところ、SUNWAY大学と提携しているランカスター大学のビジネス学部が強いということで、SUNWAY大学を選びました。他にも、SUWAYはインターンシップも充実しているという事で、就業体験が出来るかもしれないという意味でもSUNWAY大学を選びました。
ビジネス学部を選んだ理由は、将来の事が具体的に決まっておらず、とにかくビジネスを学べば将来どのような職に就いても応用が利くと思ったからです。

Q.実際にSUNWAY大学で勉強をしてみて大変だったことは何ですか。
A.日本の大学よりも数十倍勉強しないとなかなか授業に追いつかないことです。英語クラスの授業のコマ数自体は多くありませんが、課題やプロジェクトが毎日出されるので、英語を使う環境に慣れていないうちは大変です。特に、ライティングの課題は毎日出される上に、レベルの高い構成や文章力を求められるので毎日訂正してよりよいものを提出しなければならないといけないのですが、その間にも新たな課題が出されるので毎日勉強しています。

Q.大学生活を送る中で「これはマレーシアでしか経験出来ない!」ということはありますか。
A.授業面では、マレーシアは他の国よりも色々な人種の方がいるので文化・宗教を学べたり、その学生たちの意見を聞けたりすることが面白いです。
生活面では、マレーシアは国自体がまだ成長途中なので、その成長過程を見ることが出来るのはすごく面白いと思います。例えば、SUNWAYの周辺は今たくさん建物が建っていて、多分、私が卒業する頃には出来上がると思うのですが、その時にどのような風景が広がっているのかすごく楽しみです。

Q.平日の1日のスケジュールを教えてください。
A.1日平均3コマ授業が入っていて、ライティング・リーディングのクラスとスピーキング・リスニングのクラスがあります。今のレベルの授業自体は13時半に終わるのですが、そのあとは18時頃まで課題をやって、友達とご飯を食べに行ったり、課題が終わらなければ夜遅くまでやる事もあります。他には、時間に余裕があるときは英語の音楽を聞いたり洋画を見たりして英語の勉強をしています。

Q.マレーシアで過ごすのに1ヶ月にどのぐらいの費用がかかりますか。
A.現在住んでいるところは 1人部屋の1つ、2人部屋が2つのところに5人で住んでいて、1ヶ月の家賃は光熱費込みで約19000円(RM600)+インターネット代約1600円(RM50)です。生活費はだいたい1ヶ月3万円です。RM1000以内には収めるようにしています。

Q.将来はどのような進路をお考えですか。
A.まだ具体的には決まっていませんが、マレーシアでの現地採用の給料が上がるのであれば、マレーシアで働くことも考えています。ですが、特にどの国で働くかということにこだわりはなく、これからビジネス学部で勉強していく中で決めて行けたら、と思います。

Q.これからマレーシアに来る方、来ようと思っている方に対してアドバイスをお願いします。
A.まずは、フィリピンの語学学校などで英語を勉強してから、マレーシアの大学に来て勉強することをおすすめします。というのも、フィリピンの語学学校はマンツーマンで一日中びっしりと授業を受けられるところもあるので、そこで英語力を伸ばしてから来ると、マレーシアでの大学生活はより充実すると思います。
また、今はまだマレーシアに日本人留学生が少ないという状態なので、そのアドバンテージを最大限に利用して、さまざまな国の学生たちとコミュニケーションを取ってください。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer