FAQ(良くある質問) - 大学・短大・大学院留学について

欧米やカナダ、豪州の大学に比べ、圧倒的にコストパフォーマンスが良いからです。欧米加豪の大学にいく場合、年間で300-600万円ほどの予算(学費+生活費)が必要と言われています。

マレーシアは大学の費用も年間40-100万円程と非常にリーズナブルで、更に生活費(寮費を含む)も年間70万円程度ですので、総額でも110-170万円となり、日本の私立大学に行く場合の費用とあまり変わりません。日本の大都市圏での家賃を含めると、マレーシア大学留学の費用のほうが安くなるほどです。

学ぶ内容は、英国や豪州の大学の提携校のカリキュラムをそのまま導入している場合が多く、先進国の大学で勉強するのとほどんど変わりません。また、ツイニングプログラム、デュアルディグリー、ADPなどにより、実際に先進国の大学の学位を取得できるシステムも発達しています。つまりマレーシアという割安な場所を借りて、先進国の大学の内容を勉強するイメージです。

あるいは、マレーシア独自とも言えるホスピタリティ(ホテル経営)やツアリズム(観光)を勉強するとう方向性もあります。これは、観光立国を目指している日本でもニーズの高い分野であり、将来性が高いと言えます。(下記リンク先ページご参照)
http://www.m-ryugaku.com/hospitality_proposal

均一的とも言える大学へ進学するのは少し考え直し、マレーシア留学で語学やスキルを身につけ「差別化を計る」ことを検討されたらいかがでしょうか?

原則入学試験はありません。基本的に、高校の卒業証明書と成績証明書(ともに英文)を提出するだけで合否判定が行われます。
ちなみにディグリーコース(日本の4年生相当)の合格の目安は、最終成績が5段階評価で平均3.0(または3.5)以上です。大学や学部により多少異なりますので、出願を希望される場合はご相談ください。

下記ページの「マレーシアの大学の合格基準」をご参照ください。

http://www.m-ryugaku.com/univ_college

日本の4年卒に相当する学位は、「バチェラーディグリー」(または単にディグリー)と言われますが、原則、文系学部やIT学部は3年間で卒業可能です。工学部などの理系科目は4年の場合が多いです。
日本の短大に相当する学位は、「ディプロマ」と言われ、2年が中心です。またマスター(大学院)は、1-2年で卒業となります。
ただし、ADPを利用してマレーシアの大学から米国の大学へ編入する場合、最短で4年間(2+2)が必要です。

大学や学部によりますが、年に2-4回ほどの複数の入学期があります。また、「語学集中コース」から受講する場合は、大学によっては毎月受講開始日がありますので、学部の入学期に関わらずほぼ年間を通して入学することが可能です。日本の場合と異なり、より柔軟に入学タイミングを計画することができますね。

例えば仮に日本の大学の4月入学がうまく行かなかった場合、進路を変更し同じ年の9月からマレーシアの大学を狙うといったやり方も可能です。また、実際に一度日本の大学に入学した大学生が、途中で退学しマレーシアの大学に入り直す例が続出しています。

各大学、学部の入学期は当サイトの学部検索機能(下記リンク先ページ)もしくは大学のHPでご確認ください。
http://www.m-ryugaku.com/views/univ_courses_basic

マレーシアの多くの大学、学部では、入学に必要な英語力の水準を定めています。例えば、IELTSで5.5以上、TOEFL(IBT)で79以上などが一般的です。ただし、これらスコアに満たない、あるいはスコアを保有していない生徒は、他の条件(成績基準等)を満たしていれば、学内での「英語集中コース」の受講を条件に合格通知をもらえるのが一般的です。(条件付き入学許可)

英語集中コースは、学校により3~6レベルのクラスで構成され、入学時の英語テストの結果により開始するレベルが決定されます。通常1レベルをクリアするのに、1-2カ月を要します。志望した学部の要求レベルをクリアできた時点で、学部のコースに編入することが可能です。

日本人の多くの学生は出願時にはIELTSやTOEFLのスコアを保有していないため、どの大学に入っても英語集中コースから開始するのが一般的です。

多くのマレーシアの大学は、ディグリーコース(日本の4年生に相当)の入学基準を、高校の最終成績で5段階評価で平均3.0(または3.5)以上としていますので、これをクリアできていれば多くの大学、学部が入学の対象になります。

仮にこれを下回っていてもディグリーコースの入学許可を出す主要大学もありますし、より合格基準の緩やかなディプロマコース(短大に相当)やファンデーションコース(基礎課程)を経由して、最終的にディグリーコースを卒業する方法もありますので、ご相談ください。

ツイニング(プログラム)とは、マレーシアの私立大学が、海外のある大学(ホスト校)と提携関係にあり、原則、前半をマレーシア、後半を海外ホスト校で勉強することにより、海外ホスト校の学位が取得できるというシステムです。「マレーシアでの履修年数+ホスト校での履修年数」という表現を使い、「2+1」「1+2」「3+0」などと呼ばれます。マレーシアの大学に入学しますが、卒業する大学は先進国の海外大学というマジックのようなシステムです。

デュアルディグリー(またはダブルディグリー)とは、マレーシアの私立大学とある海外大学との提携関係により、マレーシアの大学の学位を取得すると(卒業すると)、提携校の学位も同時に取得できるシステムです。ツイニングが、原則ホスト校のみの学位を取得するのに対し、デュアルディグリーはマレーシアの大学と海外大学の両方の学位が取得できることが異なります。まさに「一粒で二度美味しい」制度です。

ADPとはAmerican Degree Transfer Program(米国大学編入プログラム)のことで、マレーシアでの取得単位を米国大学へ移行できる制度です。通常「2+2」の形式となっており、マレーシア2年、米国2年の学習で米国の大学へ編入し学位が取得できます。米国の他、カナダや豪州の大学も対象になる場合があります。ツイニングプログラムとの違いは、ツイニングはあらかじめ提携校とその学部が決まっているのに対し、ADPでは2年後の編入時に、米国を主とした数多くの大学から編入先を選択できる(ただし合格する必要がある)のが特徴です。(希にツイニングのようにあらかじめ編入先が決まっている大学もあります。)

これらのどの編入制度も、一定期間を生活費や学費の安いマレーシアで過ごすことにより、最初から先進国の大学に入学するのに対し、大幅に留学費用を削減できることが大きなメリットです。これら制度を是非有効利用しましょう!

マレーシアは物価水準が日本の1/3~1/2と言われており、留学生の生活費も他の先進国と比較すると大幅に割安です。日本人大学生の場合、ばらつきはありますが、多くの学生は家賃も含め月額5~8万円ほどで生活しているようです。
家賃は、学生寮や外部のコンドミニアム(マンション)をシェアする場合、月額RM700-1000(約2.5-3.5万円)で済むことが多く、外食代も1食RM7-12(約150-300円)とかなり安く済ませることができます。

「大学生インタビュー」コーナーにも、生活費に関しての質疑がありますので参考にしてください。↓↓↓

http://www.m-ryugaku.com/views/univ_interview

ファンデーションコースとは、学士コース(学部コース)に先立ち受講する「基礎課程」です。通常、マレーシアの現地校やインターナショナルスクールのシステムでは、小中高まで11年教育の場合が多く、大学入学に必要となる12年教育を満たしていません。そこでそのギャップを埋めるためのコースとして1年間のファンデーションコースが多くの大学で設定されています。

日本の高卒の資格は、通常マレーシアでは学部へ直接入学できる資格として認識されているため、日本人留学生がファンデーションを受講するケースはあまり多くないかもしれません。ただ、英国大学をツイニングパートナーとするいくつかの学部では、ファンデーションの受講を義務づけている場合があります。また、成績や英語力が学部の合格水準を満たしていない場合、比較的合格水準の低いファンデーションを経由して学部に編入するケースも考えられます。あるいは、高校卒業時点でまだ進学したい学部が絞りきれない場合、ファンデーション受講しがら興味ある分野を見つけてゆく、という目的で受講する場合もあります。

様々な条件に左右されますので、一言では言い切れません。一番重要なのは合否審査の基礎となる最終の成績証明書と卒業(見込)証明書がいつ入手できるか、ということです。もし卒業年の3月にならないと入手できなのであえば、その年の7月または8月が最短の入学期と言えます。もし、卒業年の前年の12月までに入手できるのであれば、大学によっては卒業年の4月に入学できる可能性もあります。また英語の入学基準をクリアしているか否か、でも入学時期が変わってきます。

主にオーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカ共和国、マレーシアなどの旧英国領への留学や移住の際、取得が要求される国際英語検定です。
Listening、Reading、Writing、Speakingの4つの項目(バンド)のテストがあり、それぞれのバンドスコアと総合点(オーバーオール)で採点されます。マレーシアの大学留学の際求められるオーバーオールスコアは、5.0-6.0が目安となります。(ただし多くの大学で、入学後に取得したり、各大学独自の英語テストで代用することが可能。)
ちなみに、本家の英国では現在ではTOEFLやTOEICのスコアでは代用できませんが、マレーシアではTOEFLが代用可能です。(TOEICは通常不可)

高校卒業資格に相当する資格として、「高等学校卒業程度認定試験」(高卒認定、旧大学検定)合格の資格を保有していれば、出願が可能な大学もあります。是非、ご相談ください。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer