Flight Attendant Preparatory Course / InterExcel

学部名(J): 
CA準備専門コース/ Inter Excel
カテゴリ大: 
【ホスピタリティ】
カテゴリ小: 
ツアリズム
大学名: 
InterExcel
大学リンク: 
InterExcel
学位: 
その他
期間: 
0.4年
開始月: 
JAN
開始月: 
FEB
開始月: 
MAR
開始月: 
APR
開始月: 
JUN
開始月: 
AUG
開始月: 
SEP
開始月: 
DEC
授業料計: 
RM0
費用注釈: 
要問合せ。
合格基準注釈: 
・学校成績:ほぼなし、高卒以上。航空関連の短大・専門以上卒業資格があると良い(ある程度の基礎知識は事前にある状態)。  ― (判断基準になるようなテストや数字はないが)英語を問題なく使えるレベル。 ・身長:女性157cm以上。男性165cm以上。 ・年齢:17~30歳まで。 ・視力:コンタクトレンズをつければ問題なく物が見られる状態。
キャンパス: 
クアラルンプール
キャンパス: 
ペナン
キャンパス: 
ジョホールバル

注釈

  • 上記情報に関しては、関連HP上のデータおよび関係者のヒアリング等により入手したものを掲載していますが、内容の完全性、信憑性を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても当社はその責任を負うものではありません。
  • 「授業料計」は原則当該学部を卒業するまでにかかる(例えば3年間の)授業料の合計金額を示します。ビザ申請料、登録料、管理料、施設利用料等は原則含まれていません。リンギット円レートは右ブロックにあるレート表でご確認ください。
  • 「合格基準(成績)」「合格基準(IELTS)」「合格基準(TOEFL)」は、HP掲載情報および大学へのヒアリングに基づく目安であり、実際の合否基準としての正確性は保証できません。最終的には大学の担当部署による審査で合否判定されます。なお、英語の合格基準にに達しない場合、あるいはスコアを保有していない場合でも、学部コース受講前に付属の英語コースを受講することを条件に入学許可を出す場合が一般的です。その場合現地で英語テスト(IELTS等)を受験することになります。
  • ツイニング(プログラム)とは、マレーシアの私立大学が、海外のある大学と提携関係にあり、原則、前半をマレーシア、後半を海外提携校で勉強することにより、海外提携校の学位が取得できるというシステムです。「マレーシアでの履修年数+提携校での履修年数」という表現を使い、「2+1」「1+2」「3+0(マレーシアのみ)」などと呼ばれます。
  • デュアルディグリーとは、マレーシアの私立大学とある海外大学との提携関係により、マレーシアの大学の学位取得(卒業)時、提携校の学位も同時に取得できるシステムです。
  • ADPとはAmerican Degree Transfer Program(米国大学編入プログラム)のことで、マレーシアでの取得単位を米国大学へ移行できる制度です。通常「2+2」の形式となっており、マレーシア2年、米国2年の学習で米国の大学の学位が取得できます。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer