マレーシアの英語はなまりはありませんか?

はい、マレーシアも例外ではなく「なまり」があります。
多くの日本人がネイティブ発音に憧れ、こだわる気持ちはよく分かります。しかし、最も大切なことは「かっこよくネイティブのように発音すること」「きちっとした英文法で話すこと」ではなく、英語が世界の共通語であること、どの国にもお国なまりの英語が存在するということを受け入れて、英語をコミュニケーションの道具として使う下準備・心構えを最優先すべきだと思います。そういう意味では、英語が非母国語にもかかわらず、英語をまさに道具として使いこなしているマレーシア人をお手本にすべきと言えるでしょう。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer