インターナショナルスクール(インター校)では、授業は基本的にすべて英語で行うと聞いていますが、うちの子でも大丈夫でしょうか?日本では学校の授業だけで特別な英語の学習はしていません。

多くのインター校では、入学前に英語レベル(英・数・面接)をチェックし、英語力がメインコースに不十分と判断されれば、英語力を付けるための特別クラスで一定期間準備をすることができます。これら特別クラスは、ESL、IEP、EALクラスなどと呼ばれています。
また、正規の学年でクラスについてゆくことが困難だと学校が判断した場合、学年を1年(稀に2年)下げることを条件に入学許可が出る場合もあります。
年齢で学年が自動的に決まる日本のシステムに慣れてしまうと、学年下げに抵抗を感じる方もおりますが、学力的あるいは英語力的に無理な学年に配属されることは後々のリスク要因となりますので、受け入れる準備が必要です。インターナショナルスクールは、どの国でも同じ学年に色々な年齢の生徒が勉強しているのが普通です。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer