大学留学

yuriさんのユーザアバター

マレーシアの英語訛りの捉え方【インターン生・ユリ】

マレーシア留学では、多くの人が『英語訛り』について懸念しているようです。
私がマレーシアで過ごした3ヶ月間、マレー系・中国系・インド系の方々の英語を耳にしてきましたが、それはそれはもう全く聞き取れない!(かろうじで聞き取れるのは中国系の方の英語)しかし、3ヶ月もいるとその訛りにも慣れて来て、特徴を掴むことができます。

「その訛りにつられるんじゃないの?」
「自分もそういう訛りになるんじゃないの?」

と心配している方もいると思いますが、そんなことはありません。
私は小さい頃から英語に触れていたり、高校はインターナショナルスクールに通っていたので、「大丈夫だよ!」と言っても説得力の欠片もありませんが、実際にこちらで勉強をしている日本人留学生の方々の英語を聞いても「マレーシアの英語訛りだ!」と思ったことは一度もありません。

yuriさんのユーザアバター

グローバル展開に対応出来る人材とは?【インターン生・ユリ】

マレーシアの大学留学について調べてみると、こんな記事を発見しました。

『10年後のいい高校=海外大学への進学者数!?』
【参照URL】↓↓↓
http://journal.shingakunet.com/column/270/
リクナビ進学ジャーナル

日本は現在、2020年の東京オリンピックや少子化問題による労働力不足などで『グローバル展開に対応出来る人材』を求めています。

2020年の東京オリンピックまであと6年。あと6年間で外国の方々を出迎える環境と姿勢を整えなければなりません。そこで必要なのが、『グローバル展開に対応出来る人材』です。語学力やコミュニケーション力はもちろん必要ですが、それよりも『その国を知っていること』が大事だと私は思います。

kosakaさんのユーザアバター

仮面浪人生様への提案(マレーシアの大学留学も検討しよう!)【管理人】

先日マレーシアの大学生にインタビューを行ったところ、いわゆる「仮面浪人生」出身の生徒様が多かったと言うご報告をいたしました。
》マレーシア大学正規留学の「黄金の方程式」とは!?

ということは、仮面浪人マーケット(こういういい方があるか不明ですが)はマレーシア正規留学ビジネス(海外留学ビジネス)にとって、とても大きな「潜在市場」と言えることになります。そこで、GOOGLE検索に引っかかってくれることを期待しつつ、仮面浪人生へ再度マレーシア留学(海外留学)の魅力を語ってみることにします。ここでは少し話を単純化するかもしれません。

yuriさんのユーザアバター

海外留学フェアを要チェック!【インターン生・ユリ】

日本人留学生の方になぜマレーシアに留学しようと思ったかお伺いしたところ、「『マレーシア留学フェア』というイベントに参加して、マレーシアに留学しようと思った」とおっしゃっていた学生さんがいました。
そこで、『マレーシア留学フェア』について検索してみたところ、JASSO(Japan Student Services Organization)という日本学生支援機構が開催している『海外留学フェア』というものがヒットしました。
詳細↓↓↓
http://www.jasso.go.jp/study_a/info_fair.html

今年は『東京国際交流館 プラザ平成』で9月27日の土曜日に開催される予定です。

kosakaさんのユーザアバター

業界初!? 大学学部(コース)検索機能をリリースしました。【管理人】

業界初!大学学部(コース)検索機能をリリースしました。

マレーシアの主要大学の多くの学部が、大学名、専攻、開始時期、提携型(ツイニング、デュアルディグリー等)、授業料、合格基準等で検索できるようになりました。

まだ情報が完全とは言えませんが、徐々に追加してゆく予定です。まずはお試しいただけますでしょうか?

》大学学部検索(提携・授業料)

》大学学部検索(合格基準)

yuriさんのユーザアバター

マレーシア大学入学前の【語学留学】は『フィリピン』?それとも『マレーシア』?【インターン生・ユリ】

先週は10名以上の日本人留学生の方々にインタビューのご協力をいただき、無事、ウェブサイトに掲載することができました!(下記リンク先ご参照) そのおかげか、大学留学に関するお問い合わせが増えて来ています。
http://www.m-ryugaku.com/views/univ_interview

日本人留学生の方々の生の声を聞くことで、「マレーシアの大学に留学するのもいいなあ」と思った方もいらっしゃったのではないでしょうか。そう思った方は気軽に弊社にお問い合わせください!

さて、学生さんたちにインタビューをする中で、何人かの方に「まずは、語学学校で勉強してから大学に入った方がいい!」というアドバイスを頂きました。
その中でも『マレーシア語学留学』に行ってからマレーシアの大学に入学した方と『フィリピン語学留学』を経て、マレーシアの大学に入学した方がいらっしゃいました。

kosakaさんのユーザアバター

マレーシア大学正規留学の「黄金の方程式」とは!?【管理人】

先ほど「大学生インタビューコーナー」のリリースをお知らせしましたが、これに関連して一つコメントがあります。

実はインタビューを通じ多くの学生に共通した点が見られたからです。それはマレーシア大学正規留学に至った経路です。多くの学生が下記の経路をたどってマレーシア大学に行きついています。

①受験失敗

②仮面浪人

③フィリピン短期留学

④マレーシア大学留学

ちなみに「仮面浪人」という言葉は、私が大学生の頃(実に30年以上前ですが)にはなかった言葉ですが、「(多くの場合第一志望でない)大学に一旦入学するものの、やはり第一志望や他の大学に入りたくて、翌年に再受験を計画し大学に在籍しながら実質的に浪人をする」という意味らしいです。

kosakaさんのユーザアバター

大学生インタビューコーナーをリリースしました。皆さんの頑張りに感動!【管理人】

皆様、お待たせしました!

インターン生のユリさんの企画である「大学生インタビュー」のコーナーをリリースしました。ここ2週間で10名超の大学生様にインタビューを敢行、ユリさんがディクテーション(聞き取り)し、見事にまとめあげました。

もちろん私(管理人=CEO)もできる限り取材に同行しましたが、「名・命・迷」ドライバーに徹しただけでした(笑)! あと、さすがにコーヒー代は私のポケットマネーで(いや経費で)出しました。スタバのお得意様になれそうです。

下記リンクにインタビューの一覧があります。画像をクリックするとインタビューのある大学のページにリンクします。是非すべてのインタビュー読んでみてください!涙涙のインタビューも!!

http://www.m-ryugaku.com/views/univ_interview

yuriさんのユーザアバター

今の時代は、アジア圏留学!?【インターン生・ユリ】

こんにちは。「今の時代は、アジア圏留学!?」ということで、アジア圏留学(マレーシア留学)について書きたいと思います。

今はアメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏よりも『アジア圏留学』が増えて来ていると言われていますが、「実際はどうなんだろう?」と思いました。そこで、Google先生で「国名 留学」で検索すると、

1位『アメリカ 留学』 約 17,100,000 件
2位『イギリス 留学』 約 6,180,000 件
3位『インド 留学』 約 3,650,000 件
4位『シンガポール 留学』 約 2,610,000 件
5位『マレーシア 留学』約 2,410,000 件
6位『フィリピン 留学』 約 2,200,000 件
7位『韓国 留学』約 1,770,000 件
8位『ニュージーランド 留学』約 1,690,000 件

yuriさんのユーザアバター

10名の日本人留学生にインタビュー!【インターン生・ユリ】

 こんにちは!暮旅インターンシップ生のユリです。
ここ1週間で計10名の日本人留学生の方々にインタビューをしてきました。

日本の大学に違和感を感じ、日本の大学を辞めてマレーシアの大学に来た方
大学受験が上手くいかず、マレーシアの大学に来た方
自分でマレーシアの大学に行きたいと思ってマレーシアの大学に来た方

など、皆さんさまざまな思いや背景があり、話を聞いていてすごく刺激をもらえました。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer