HELP大学ロンドン大学国際プログラム・カウンセリング 11月2日

adminさんのユーザアバター

11月2日、兵庫から来られたI君を連れてHELP大学を訪問しました。キャンパスは都心部に近いダマンサラキャンパスです。

HELP大学情報 ↓
http://www.m-ryugaku.com/univs/help

実は、I君は既にHELP大学のロンドン大学国際プログラム(経済学部)の審査に合格内定しており、今回出願手続きに先立ち、プログラム内容やキャンパスを確認する目的での訪馬となりました。来年3月の入学を予定しています。

ちなみに、HELP大学のロンドン大学国際プログラムは、3+0のツイニングプログラムとなっており、マレーシアだけの3年間の履修で、世界トップクラスのロンドン大学の学位を取得できるものです。(学費も年間100万円未満で、英国へ留学するのに比べると驚きの安さと言えます。)

ただし、大学担当者とのカウンセリングで、希望により一部期間を実際のロンドン大学グループの所定の大学で勉強できるこもわかりました。また、途中で志望が変わった場合、ロンドン大学以外の英国や豪州の他の大学へ編入できるオプションもあることがわかりました。予想以上にフレキシブルのあるプログラムという感じです。

ただし、この学部に集まる学生はみな超優秀な学生であり、日本の在学生はひとりもいない(卒業生は1名)との話もあり、非常にチャレンジングなプログラムであることを再認識しました。ただ、それを聞いてI君のモチベーションは更に高まったようです。

大学からは、入学までに経済学等の洋書を読み込み、多くの経済用語(英語)をできる限り習得するようアドバイスがありました。マレーシアをはじめ英国圏の学生は、既に高校で経済学やビジネス学を習うため、日本人学生は可能な限り事前にキャッチアップする必要があります。

今回は、ロンドン大学プログラムへのエントリーが決まっているため、他の大学の視察はありません。目標が明確ですので、あとはそれに向かってひたすら努力するのみです。(今のところ)同プログラム日本人唯一のチャレンジャーであるI君の大いなる活躍を期待しています。

画像は下記FBページからどうぞ。
https://www.facebook.com/ryugakumy/posts/1608218905866758

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer