今週のアエラに「日本の教育を選ばなかった親たち 行き着いたのはマレーシア」という記事があります

kosakaさんのユーザアバター
851042_p.jpg

今週のアエラ(10.8号)に「日本の教育を選ばなかった親たち 行き着いたのはマレーシア」という記事が出ています。

日本の教育に満足できず、マレーシアのインターナショナルスクールにご師弟を編入させた3家族が紹介されています。

どの家族も、単に英語だけでなく、他人種、多文化、他宗教の環境で勉強することにより、どの人種に対しても偏見のない真の国際センスが身につくことをマレーシア教育の利点として上げています。

また、インターナショナルスクールの卒業後は、現地の大学を経て海外大学との提携システムにより海外大学へ進学する実例も載っています。

まさに、このサイトのコンセプトと完全に一致するものがあり、弊社の主張が裏付けられた形となっています。(アエラさん、ありがとう!)

さすがに全文をご紹介するのは(著作権の問題からも)できませんので、よろしければ雑誌を購入してみてください。イントロの文章のみご紹介します。

「政治の混乱や経済の低迷に加え、
国を揺るがすほどの大災害。日本で子供を育て、
教育することに親が不安を気抱いても
不思議はない。マレーシアという国が、
その受け皿の一つになっている。」

画像も少しだけなら・・
アエラ10月8日号アエラ10月8日号

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer