マレーシア大学受験ピークを迎えています、しかもほぼ100%「合格」です!

adminさんのユーザアバター
Facebook: 

今年は特にマレーシアの大学受験を行う方が増えてきた感じで、今ピークを迎えつつあります。ただ受験と言っても、日本の大学と違って入学試験はなく、すべて書類審査で合否が決定されます。もう、皆さんご存知ですね。

しかも、日本の高校出身者は、(米国や英国留学のように)SATやらIBやらAレベルやらと言った難しい試験の得点は要求されません。高校の最終成績が唯一の審査対象になります。(その他IELTSやTOEFLのスコアはあったほうが良いですが、、、)

その最終成績がちょうど今頃どの高校でも確定し、成績証明書が取得できる時期を迎えています。ですので、高校3年生をお持ちの多くのご家庭から、この時期志望大学への合否審査依頼を頂戴しています。

しかもこの合否審査は、正式な出願手続きをしなくても、成績証明書(英文)をメールで送るだけで完了し、大学によっては直ぐに合否の回答が得られます。過去にはメール送信した1時間後には、「合格!」という返事がもらえたこともありました。実に手軽に合否がわかります。もちろん、弊社がマレーシアで長期間にわたり各大学との信頼関係づくりをしてきた基盤があるからですが。

今回も既に多くの合否判定依頼をしていますが、皆さま概ね100%志望大学からの合格通知をもらうことができています。特に、進学校ゆえ良い成績が取りにくく、合否線上かな?という学生さんがいたのですが、つい先ほど第一志望の大学から「合格」をもらうことができました。一安心ですね。

ちなみにマレーシアの大学の多くは、ほぼ年間を通じて入学可能ですので、今年前半に間に合わない方は、後半にも入学のチャンスはあります。ですので今からマレーシア大学進学を検討されても今年中に何とか入学できる公算が高いです。

日本の大学受験の結果が芳しくなかったような方でもまだ間に合いますので、是非ご検討ください。

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer