インター校視察ツアー(イートン、オーストラリア、ネクサス)低学年受験が有利!?

kosakaさんのユーザアバター

先週木曜日に、9歳様と6歳様のご兄弟向けのインター校視察ツアーをおこないました。

お住まいになる場所がKLCC(KL中心部)と決まっていましたので、まずはそこから通学しやすいイートンハウスと、少し場所は離れるもののクオリティーの高い学校であるオーストラリアインターナショナルスクール、ネクサスインターナショナルスクールという組み合わせになりました。

具体的な内容は各学校の「訪問記」に書いてありますが(下記にリンク)、今回2つのポイントが見えてきました。

一つは、仮にイートンハウスに入学する場合、プライマリー(小学校)までしかないので、お兄様の方はYear5(予定)に入学後、いずれ別のセカンダリースクールを検討しなければならないこと。

二つ目は、オーストラリアとネクサスの場合、しっかりした合否入試があるので、果して合格できるか、ということ。(イートンは基本的に合否試験はありません。)特にお兄様の学年はオンラインテストなど本格的なテストが用意されています。弟様の方はまだ合否テストというよりプレースメントテスト(レベル分けテスト)に近いイメージです。

今回訪問の学校は、保護者様にとっていずれも好印象の学校となりましたが、入学できなければ仕方有りません。入学時期は来年上旬を目指していますので、まだ時間はあります。その間、できるだけの準備をすることになりそうです。もしくは、最初は入学しやすい学校に入り、将来的にこれらの学校への転校を検討するかです。

やはりインター校は低学年で入学するのが選択肢も多く、有利といえます。(もちろん高学年、中学生でも入学可能な学校もいくつかはあります。)

訪問記 イートン
http://www.m-ryugaku.com/node/1728

訪問記 オーストラリア(AISM)
http://www.m-ryugaku.com/node/1729

訪問記 ネクサス
http://www.m-ryugaku.com/node/1730

問い合わせ、個別相談予約、スカイプ&LINE相談、資料請求
お問い合わせLINE&SKYPE

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer